探偵

浮気調査・相談 探偵事務所ランキング

 

 

 

 

 

興信所と探偵。
実は両方とも同じ認可で行われるので、業務内容も同じだと考えていいでしょう。離婚裁判などで配偶者の浮気を請求事由にするつもりなら、確実に浮気した(している)証明というのが不可欠です。
もっとも、素人が考えるほど証拠取りは簡単なものではありませんし、きちんとした人材と機材を揃えた探偵事業者にやってもらえば、スムーズに離婚できると思います。

 

 

仮に離婚しなくても、慰謝料請求の根拠にもなりますし、再発防止にきっと役に立つはずです。興信所や探偵は中堅や小規模もいれるとかなりの数があり、探すのに迷ったら、人気や評価を参考にしてみてください。

 

ネットを活用すれば、そこを利用した人のクチコミ評価などがわかるでしょう。

 

地域性もある仕事ですから、地元近辺で満足度の高いところを選んで、そこで話を聞いてもらえれば、調査を任せても安心でしょうし、不倫の証拠を押さえてくれることでしょう。

 

私は31歳の自営業者です。

 

2年前に結婚した妻は子供ができるまでパートに出ています。私にとっては青天の霹靂ですが、一昨日、同僚の男との浮気が判明。
しかし、妻は独自の理由を並べ立てて勝手に怒り、謝罪の言葉もなにもありませんでした。

 

これでは夫婦の意味がないですよね。妻から傷つけられるとは思いませんでした。
このままにしておくつもりはありません。私にも考えがあります。

 

4歳の娘と7歳の息子がいるアラサー主婦です。夫は7つ年上で社宅住まいです。

 

夫の浮気が判明するまでは普通の家族でした。
しかし先週、両方の家族同士で話し合った末、いよいよ離婚という運びになりました。親権は私ですが、母子家庭として子供二人をきちんと養っていくのです。

 

夫に言いたいことは山ほどありましたが、相談の場を大事にしたかったので、弁護士さんを頼み、夫には養育費と慰謝料を合わせたものを、交際相手には慰謝料の支払いを求め、安全のために公正証書を作成しました。
たとえ調査内容が同一でも、浮気調査の代金は探偵会社によって幅があります。

 

話を聞いてくれたからと最初の業者に決めてしまいがちですが、最低でも二社以上で見積りをとり、説明を受けることを推奨します。そうすれば請求書が来てから悩むこともないでしょう。

 

それと、調査して欲しい相手の行きつけの店や交遊関係などを、あらかじめ調査員に細かく教えておくと、調査の無駄を省くことができ、コスト削減にもなりますし、仕事の精度も上がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

 

◎43年の調査実績・解決実績100,000件以上 探偵業界最大手の原一探偵事務所◎

 

 

 

「浮気調査」 「人探し」 「ストーカー対策」 「いじめ調査」 などを扱う総合探偵社

 

 

 

探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上
(10年以上のベテラン調査員が多数在籍)

 

 

 

東京都弁護士協同組合の特約店
(※法廷では法律に違反した証拠は証拠としてみなされません)

 

 

 

全国主要都市に18拠点の全国ネットワーク

 

 

本社・川越

 

 

札幌・仙台・水戸・高崎・千葉・大宮(埼玉)・日本橋・新宿 (東京)・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・岡山・松山・広島・福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.haraichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

 

 

 

 

初めての探偵探しに不安な方も匿名で費用見積もり

 

 

 

 

 

最初から探偵社・興信所への問い合わせに不安のある方へおすすめ

 

 

 

 

 

全国100社の興信所よりお悩みに合わせた探偵を紹介

 

 

 

 

 

他社のお見積もりより安い探偵を見つけるお手伝いも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気診断シミュレーター・匿名相談 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hello-tantei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社

 

 

 

 

 

 

ネットでできる・完全無料の浮気解決シュミレーターが好評のHAL探偵社

 

 

 

 

全国無料出張・即日対応も可能

 

 

 

 

 

 

業界初の完全成功報酬・後払い支払 (初期費用0円)

 

 

 

 

 

 

相談料0円・匿名OK

 

 

 

 

 

 

調査完了後最短3日で証拠資料のお渡しも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://hal-tanteisya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS

 

 

 

 

 

 

浮気調査・人探し・いじめ調査などを扱う総合探偵社TS

 

 

 

 

TSの強みは・・・・・・

 

 

 

 

 

◎24時間365日 無料相談・見積受付

 

 

 

 

 

◎北海道〜沖縄まで全国対応

 

 

 

 

 

◎安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能

 

 

 

 

 

 

◎法律専門家の起用・警察OBも在籍

 

 

 

 

 

 

夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所

 

 

 

 

 

 

◎全国対応可能

 

 

独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能

 

遠方にお住まいの方も対応可

 

 

 

 

◎相談だけでOK

 

 

 

 

◎現場で経験を積んだ調査員

 

対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び実践経験のあるスタッフ在住

 

探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキル・法律の知識にも精通

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

探偵は調査が終わると調査報告書を作成しますが、公的な書類のように書式や記載事項が決められているものではありません。

 

 

 

しかし、調停離婚や訴訟の場での利用を考えているなら、どんなものでも証拠採用されるとは限りませんから、要点を踏まえた質の高い報告書であることが大前提となります。あとでどういった形で調査報告書を使いたいかを考慮し、業者を選定するのをお勧めします。

 

興信所と探偵。実は両方とも同じ認可で行われるので、業務内容も同じだと考えていいでしょう。
離婚請求の理由として向こうの不倫をあげるのであれば、配偶者の浮気の確固たる裏付けがどうしても必要です。

 

ただ、自力で証拠を集めるのには無理がありますから、ちゃんとしたノウハウを持った業者に頼むほうが離婚する際に、手間も時間も節約できるでしょう。それ以外にも、浮気相手に慰謝料請求を行う際に有効です。

 

 

 

良い仕事をしてくれる探偵社を選ぶには、地域性を尊重するのは良いことです。

 

 

 

たとえば探索相手の家や勤務地と同じ地域にある探偵に限定すれば探偵の数も絞れます。

 

地元に精通していれば、それだけ調査に有利ですし、報告の精度が増します。
調査内容いかんでは不得意なこともありますし、逆もまたあります。
公式サイトや電話で問い合わせてみるのをおすすめします。もしこれから探偵社に依頼しようと思ったら、その会社の評価や口コミ情報を調べることが不可欠だと思います。悪質なところだと、高額な追加料金が上乗せされたり、適当な調査でごまかしている場合もあるみたいです。利用者評価の高い探偵業者であれば、詐欺まがいの請求に悩まされるという不安もないです。不倫調査のような秘匿性の高い仕事も安心して頼めるでしょう。

 

 

 

興信所に頼んでも結果が出ない場合がありますが、例えば不倫の証拠集めで調査期間中にその行動が見られなかったケースです。しかし日数ではなく、調査能力不足によって証拠をあげられないというケースもないわけではなく、興信所や探偵会社のクチコミを事前にリサーチしておく必要があるでしょう。
そして面倒がらずに探偵にじっくり相談することも、良い成果を得るためには重要です。
浮気が判明したら、代償として慰謝料を求める権利があります。

 

 

 

ただ、当人たちだけで話し合うと、それぞれに冷静さを欠いていることもあり、横道にずれたり頓挫することも多いです。裁判で決着をつけなければならない場合もあるため、そうなる前に弁護士にお願いして、無難なところでまとめあげてもらう方が良いかもしれません。

 

 

ホームズやポアロは別として、探偵といえば、誰かの後をつける尾行を連想する人は多いです。ターゲットとなる人物に絶対に気取られないよう追跡しながら、状況を報告したり、裏付けをとったりする作業です。露見することはまずありませんが、調査員は対象の動きを想定しておかねばなりません。
相手の不定型の行動に迅速に対処するのが探偵の業務です。
相手に知られては依頼者の不利になるので、必死です。出口の見えない不倫でも、かならず終わりがあります。

 

不貞行為を責められた挙句、仮面夫婦を続ける人もいれば、離婚したり、住宅ローンの精算や慰謝料などの問題に発展することも考えなければなりません。そうかと思えば、離婚後に不倫相手と再婚する場合もあります。

 

やっとの思いでゴタゴタを片付けても、めでたしめでたしと言えるエンディングは、期待するだけ無駄です。ペットの迷子探しがあるせいか、混同されることもあるのが探偵業者と便利屋です。

 

 

しかし、歴然とした法律上の違いがありますから、ご注意ください。
様々な頼まれ仕事を引き受ける便利屋は開業許可等を必要としませんが、探偵業は個人であろうと法人であろうと、警察署経由で所管の公安委員会に開業届や誓約書等を出し、探偵業の認可を受けてこそ開業できるのです。
認可官庁によってしっかり管理され、依頼者の個人情報と権益を守る義務があるのが探偵業者です。

 

 

 

現実的な話、探偵に任される調査の大概は浮気調査です。

 

 

 

ちょっと気にかかることがあるから、浮気しているかどうかだけでも知りたいというものや、離婚や離婚裁判で使える証拠をかためてくれというものまで、依頼者のニーズに合わせた調査をしてくれます。

 

 

不倫相手から慰謝料をとるつもりなら、はっきりとした裏付けをとるためにも探偵に依頼するのが最良の選択だと思います。

 

不倫の行動追跡調査で、本人に知らせずに尾行したり聞き及んだ情報等を発注者に情報提供する探偵の仕事というのは違法なのではと不安に思う人も少なくありません。

 

 

探偵業法という法律のおかげで業者や調査員個人の法意識は高いので、心配はご無用です。

 

 

この法律が発効されたのは平成19年です。それ以前は探偵の業務に関する全国共通の規定というものがなく、悪徳業者による詐欺行為や不当な請求といったトラブル発生抑止のため施行されました。以前は安値を掲げる興信所はヤバイと思われがちでした。
素人には調査の良し悪しなんてわからないですからね。現在はネットが普及して、調査内容の信頼度や請求などについてもブログや掲示板などを見ればかなり詳細に分かるようになりました。
安値ばかりにこだわれば品質が落ちてしまいがちですが、ただ高いだけのところに依頼するというのも馬鹿げています。

 

結局のところ、実力と料金のつり合いがとれた会社を調べて依頼するのが一番です。離婚すると、たとえ実の親子でも不倫なんかしていると子の親権を奪われやすいと誤解されがちです。道義的には分かるだけに無理もないのですが、本当のところは違います。調整や裁判での子供の親権というのは、同居の有無や育児への参加度合い等に重点を置いて判断します。最終的には子の育成にどれだけ適した環境を用意できるかを重視して判定するのです。

 

探偵業といえど競争があるのは事実で、超リーズナブルなコストテーブルや一律価格を謳う会社がよく見かけるようになりました。しかし、均一でも料金に含まれない場合は別途追加というケースもあるので、正式に契約してしまう前に価格や内容をよく確認し、あとで後悔することがないよう気をつけるようにしましょう。
最近は探偵も興信所もその差は名前だけです。

 

調査と報告が業務であるという点はどちらも違いがありません。

 

つまり浮気調査でしたら、同じものと思っていただいて支障はありません。

 

ただ、ある程度の得意分野だのは業者によって異なるため、依頼する前に確認しておいた方が良いでしょう。

 

 

興信所に不倫調査等を頼む際は、平均的な価格というものを知らないと、高い価格に悪徳業者だと誤解しかねません。

 

時間あたり1万円程度を想定していると妥当だと思います。
行動調査の時間を増やせば、費用はかさむので、支払い可能な金額を超えないように気をつけましょう。

 

探偵を頼むなら、能力の高いところに依頼したいものです。

 

どんなところが高い技量を持つかというと、会社の規模によるところも大きいです。全国に協業体制を持つ探偵社の場合、最先端の機材や捜査手法の研究に努めており、その点ではけして他社に劣らないというメリットがあります。また、大規模な業者では調査員はもちろん内勤の相談員などのトレーニングや精度アップに熱心であり、必然的に仕事の品質に大きく影響してくるのではないでしょうか。
配偶者の浮気を興信所に調査してもらうときは、結局のところ何を主眼に調査してもらうかを明確にしておくのが必要不可欠です。

 

 

 

パートナーの不倫に歯止めをかければ済むのか、確たる証拠を掴んで離婚したい(裁判も考慮)などを区別して、伝えておく必要があります。
その希望次第で微妙に調査内容が異なってくるため、自分の希望をよく伝えておくことが大切です。
「浮気癖」という言葉があるように、浮気は繰り返すといった根絶しがたい面を持っています。不倫現場を見つけられて、たとえその場で平謝りだったとしても、こっそり連絡をとって、ほとぼりが冷めるのを待っているかもしれないのです。
胡散臭いと思うようなところがあれば、探偵を雇って行動調査をしてもらって、ガッチリ浮気の証拠固めをして、懲らしめてやるといいでしょう。

 

興信所や探偵に配偶者の浮気を調べてもらう場合、相応の支出は覚悟しておきましょう。

 

だいたいの費用ですが、一般的な浮気調査でだいたい20万円(4万円で5日間)程度が必要です。請求は調査内容や調査期間で変動するものの、どんな調査でも数十万程度と見積もっておけばとりあえず安心です。不倫は家庭も人も壊します。

 

そのような中で傷ついた人のメンタルケアを行う相談員がいるのをご存知でしょうか。専門家に話を聞いてもらいながら、心の傷を癒し、前進していけるのです。

 

 

不倫という許しがたい理由で離婚しても異性に距離を置くようになったり、人生に希望を見いだせなくなるといったケースもあります。離婚なんかしない、やりなおしたいだけという時も、カウンセラーと話すことで情緒面を落ち着けることができます。探偵業者の選定には誰しも迷うと思います。

 

 

 

そこで目安になるのは「地域」です。誰しも居住地と勤務地を中心に行動するため、どの地域なのかを中心に、インターネットで調べれば、数はかなり絞り込めます。

 

ある程度の選別ができたら最寄りの営業所か代表電話に電話して、依頼したい旨を伝えてみましょう。

 

 

 

とにかく話を聞いてみなければ、良さそうな探偵社かどうかなんてわからないですからね。配偶者が不倫していたことが原因で離婚話がうまく進まず、とうとう家裁での離婚調停となるケースは少なくありません。
裁判所から任命された調停委員が加わったうえで離婚のための意見調整を行うため、当人たちだけよりもソフトな雰囲気の中で話が進行するという良さがあります。緊張せずリラックスして臨みましょう。

 

 

私28歳、夫36歳。

 

小2と幼稚園の子供がいます。しかし先月、彼が同じ職場の女性と不倫関係にあったことがわかり、親を含めて話し合い、仲人さんにも話して、離婚することになりました。

 

 

幼い子どもたちは、これからシングルマザーの私が育てるわけです。簡単なことではないでしょう。

 

夫に言いたいことは山ほどありましたが、相談の場を大事にしたかったので、弁護士の方にお願いし、彼とその交際相手に対する慰謝料や、養育費の話を進め、公正証書という形で残しました。不倫の調査を頼みたいけれど、離婚の準備をしているみたいで気が滅入る。
意外とそんな人は多いです。

 

しかしそこまで重たく感じることもないのではないでしょうか。
離婚裁判にせよ、浮気をやめさせるにせよ、否定しようのない証拠をつかんでおけば有利であることは間違いありません。あえて知らないでいることも、結局は自由だとは思いますが、すっきりと解消したい気持ちがあれば、探偵に相談するのが最もストレスの少ない方法だと思います。
不倫がわかり、離婚のための裁判になると、不倫行為を証明する物証がモノを言うでしょう。

 

どのようなものでも証拠になるというわけではなく、体の関係があるのだと客観的に分かるメールに、不倫相手とラブホテルに出入りしたときの写真や動画、交際相手と交換した念書、旅行メモ等です。また最近は、スマホのフリーメールやラインの履歴が証拠として採用されるケースが増えました。浮気に依存しやすい人というのは、鬱状態の人が少なくないようです。その背景にあるのは、メンタル面での負担が大きいことでしょう。

 

どちらかが結婚していたり、あるいは両方が既婚で家庭があったりすると、喜びもある一方で不倫の徒労感や不信感などを抱きやすくなるのは当然で、その結果、それがウツにつながるのですね。また、浮気されたパートナーのほうもウツや情緒不安定などの症状が出やすいです。
不倫の証拠をおさえるための素行調査は、調査する相手と親しいほど尾行発覚のリスクが高いだけでなく、つい感情的になって決定的な証拠を逃してしまう危険性もあります。
探偵社に頼めば、最新の機材や相手に気付かれずに追尾する技術がありますから、自分や知人などが調査するより確実に証拠を集めることができるでしょう。

 

裁判等の証拠で使いたいなら特にプロに任せるべきです。

 

パートナーの浮気に気づいたときは、とりあえず対応を考えるために気を鎮めることが大事です。どうしても不倫の事実を受け止めがたければ、思い切って離婚ということもありますし、慰謝料という問題も考えなければなりません。面倒でも双方で会う時間を作り、これから先どうしていくか話を詰めておきましょう。

 

 

 

以前は携帯を目覚ましがわりにしていたのに、急にマナーモードにしだしたので、不倫もあるかもしれないなと疑うようになっても当然でしょう。相手が誰なのか無性に知りたくて(全然知らない人の可能性もありますが)携帯の履歴を見ようとしたのですが、なんと、ロックしてあって、わかりませんでした。
言い合いになるのも虚しいですし、今こそ探偵の出番かとも思うのですが、主婦のへそくりもないので、最初の一歩を踏み出せないでいます。